さいたま市太田窪・大在家・原山を見護る神社                        (Click Foto)

例えば今のコロナ禍中、わたしたちヒトの科学をもってしてもどうしたら良いのかが全く判らないことがあることを知ります。今私たちは、いずれヒトの科学がコロナへの対処法を見いだすことを信じて、ひたすら自分や身近に感染が及ばないように思いつく予防をしながら祈るしかありません。

「いのる」の語源は「生(い)宣(の)る」または「意(い)宣(の)る」ですから、まさに生きていたいという意思を宣言してみているわけです。「祈るしかない・・・」。わたしたちヒトにしかないことです。今病院でECMOにつながってウイルスと戦っているお父さんの回復を医療を信じて祈るしかない。何もしないではいられないのです。いてもたってもいられないのです。家で一人で祈っていても、祈りが足りないかもしれない。そう思うと気が鎮まらないのではありませんか?その祈りを誰かに向けられたら、折れそうな心の支えになりませんか?

さいたま市が東京のベッドタウンとして住宅地として発展するなか、太田窪・大在家・原山に住むことになった方も多いですから、八雲社が皆さんの「産土神(うぶすな)」とは限りませんが、住んでいる皆さんを護る「氏神」を祀る神社です。皆さんは全員氏子です。

江戸時代中期にこの地域に疫病が大流行し、多くの病死者がでました。1841年(天保12年)、疫病退散のご利益で有名な京都八坂神社の牛頭天王(ごずてんのう)の御分身を村人が持ち帰り、社殿を建立し勧請をしたところ、疫病が沈静したことが八雲社の始まりです。このご利益に感謝して、八雲社の「天王祭」も始まりました。

まねごとの祈りついにまこととかすまで。住む皆さんの生宣り(いのり)を間近で受け止めて護り続けてきた小さな地元の八雲社です。

(20200830 総務mk)

 

【勧請(かんじょう)】  神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること。

ニュース

 

20210325 一都三県の非常事態宣言解除前日に、なんと、八雲社の初桜の初開花を確認できました!!!

蕾もあります!

上の写真は北川健次氏からメール頂きました。

 

20210130 コロナ退散桜を総務有志で願いを込めて植樹しました。

八雲のご神体の大樹松と天神様の梅に初めて桜が加わりました!

不動祭3月28日(日)頃ひょっとして咲くかどうか。植えたその春はむづかしいのかもしれません。長引くコロナ禍を乗り越えられるように、総務有志でまず氏子代表として、コロナ退散桜を植樹しました。今、プレートを準備中です。

桜と植樹費用は自前です。コロナ退散の思いを同じくされる氏子の皆様からご寄進頂ければ嬉しいです。回覧版にてご案内申し上げますので、宜しくお願いいたします!

20201205 京都の八坂神社に「悪病除去祈祷」をお願いし、特別授与品が届きました!

上の日付のラインをクリックして詳細をご覧ください。

 

イベント・催し物

【年間行事】

2021年(令和3年)

20210328㈰ 不動祭のご案内・ポスター (New)                        

3月28日 不動祭 (厄払い・学業、立身、商売、健康祈願)

2月25日 天神祭 (菅原道真公命日) 

2月3日 初午祭(稲荷祭)

20210202 初午祭・20210225 天神祭ご案内

 

7月       コロナのため、未定。

       牛頭天王祭・宵宮(演芸) 

         牛頭天王祭・本宮(神輿渡御)

         浦和まつり・みこし渡御に参加      

1月1日 お神酒上げ

12月31日 お焚き上げ

 

2020年(令和2年)

20201231 お焚き上げのビデオ・クリップ(New)

 

 

【総合案内・年間行事】

イベント案内

(上をクリックして写真入りの案内をご覧ください)

直近の日程に関しては、上の【年間行事】にはめ込んであるリンクをクリックしてご確認ください。

【歴史】

八雲社は江戸時代中頃の天保12年(1841) 疫病が流行り、村の代表が京都の八坂神社 〈祇園社〉に御分身を勧請し、社殿を建立したところ疫病が治まりました。

その後、慶応2年(1866)には囃子連を結成し、神輿も修理して無病息災を願い、村内 渡御が行われました。これが現在も続けられている「牛頭天王祭」です。

キッズのダイダラボッチ・ページ

太田窪は「ダイダラボッチ(大多巨人)」の足あと

むかーし、むかし、ダイダラボッチ(大多巨人)という大巨人がいたんだよ!

お山が大好きで、お山をあつめて、おおきな、大きなカゴにに入れて

てんびんでかたにかついで、世界中をあるきまわっていたんだって。

ちょうど、富士山をまたごうとしたとき、よろめいて、一つお山を落っことしたちゃったんだ。それが秩父の今の武甲山。

ころびそうだったんだけど、ドーンと右足をふんばった。それで転ばずに

すんだんだ。

そのときのダイダラボッチの右足のあとに、おおきなくぼみができたんだってさ。

そのあしあとがね、みんなが住んでるダイタクボ。大多の作った窪だからなんだって!

ところどころに急な坂があるけど、きっとその時ダイダラボッチの落っことした土がのこちゃったんだね!

むかし、いろーんな神様や巨人がいて、みんなの住めるとこ作ってくれたんだよ!仲良くみんなで住んでるよって、教えてあげない?ダイタラボッチみたいに山はむりだけど、お神輿担いで、見せてあげようよ!